ピサ旧市街レストラン・カリオストロ展(1999年3月7日)

15年前のビデオが出てきたので、アップロードしてみました。
 ※各画像をクリックすると動画サイトYoutubeに飛びます


屋根裏部屋で個展前の作品準備
(3分)

ピサ展オープニングパーティー
老彫刻家メルロ氏と会話
(2分23秒)

ピサ展オープニング2
懐かしい友人たちとの再会編
ジェンマ、ペギー、アンジェラ
(5分46秒)


ピサ展オープニング3
彫刻のモデルたちとの再開編
クラウディオ、アンナリータ、ロザリオ
(6分07秒)
ピサ展オープニング最終話 
ローマ通りの仲間たち編
ヨリス、イレーネ、マルコ
(5分04秒)
ヨーロッパ初個展のオープニングパーティーの記録としてだけでなく、原型モデルをしてくれた二十歳くらいの学生たちが、資料のように登場してきます。
あの当時、僕はまだ石の作品を作っていませんでしたので、映像の中では、再会したモデルたちを前に形に表現できない歯がゆさを自覚しています。
あの頃は誰もまだ店内でスマホを弄ぶこともない古き良き時代でした。
レストラン経営者ルイジは、個展のあと、僕にこう言っていました。「君の個展は特別な展覧会だった。美術を続けるならこんなピサのような小さな町に居てはダメだ。芸術の都フィレンツェに行くべきだよ」
このレストランは、残念なことにその後閉店したようで、2010年から内装はそのままでLa Clessidra(砂時計) という別の経営者の店に替わっています。