袋井市静橋モニュメント『照姫椿』 (2015)
Il Monumento "La Camellia della principessa Teruhime"
alla citta' di Fukuroi (2015)

まず彫刻のポーズを取る和服のモデルをデッサンします。

6つのパーツの粘土原型を組みあわせて構成

姉・照姫部分(高浮き彫り)

妹・露姫部分(立体)

椿の大理石モザイク。姉と妹の手の間に配置

椿の葉の二重レリーフ。像の背景に配置
手元と台座上にピンク大理石を象嵌し、散る花びらの色を表現。

像裏側には歌川広重が描いた東海道五十三次『袋井 出茶屋ノ図』の一部の
浮き彫りも。袋井に残る歴史とアートと風景とを取り込んで一体化しています。

袋井に伝わる伝説の説明版
設置場所 袋井市静橋

平成27年3月除幕。






>>工房ページ