Italiano
      
渡辺憲二 

●プロフィール

1967年静岡県伊豆の国市生まれ。
韮山高校卒業後、東京造形大学造形学部彫刻科入学。
船越桂氏、故佐藤忠良氏らの教室で4年間指導を受ける。
同大学卒業と同時に彫刻家・重岡建治氏に師事。
6年間下積みの修業時代を送る。
1996年に自費留学。フィレンツェにて彫刻と景観、
ウィーンにて、絵画、建築装飾を研究
パオリ大理石工房(ピエトラサンタ)、
イーヴォ・カッチャ青銅鋳造所(ピエトラサンタ)
イーヴォ・ポーリテラコッタ工房(ピエトラサンタ)、
ラスタンペリア銅版画工房(サンジミニャーノ)、
フォルナイーニ・フレスコ画工房(ピサ)
京都宗教芸術院(京都)にて截金技法を
杉山高行氏工房(伊豆)でモザイクを学ぶ。
15年間使っていたフィレンツェのアトリエを引き払い
2011年に伊豆に工房を建て、主にブロンズや大理石彫刻を制作
近年イタリア、静岡県内で展覧会を開催

●主な公共施設作品

沼津中央高校「あなたが透き通る雲を想う」(2010年・大理石)
袋井市 彫刻のあるまちづくり事業「照姫椿」(2015年・ブロンズ)
伊豆の国市宗徳寺「釈迦誕生仏」(2011年)「日蓮聖人像」(2014年・ブロンズ)
伊豆の国市長温寺「如意輪観音像」石仏(2007年)「地蔵菩薩像」石仏(2018年)


●学術活動/講演

・1990年3月 高等学校教諭一種免許状(美術)取得
・2001年−現在 伊東市、御殿場市、沼津市など自治体事業にてイタリア語通訳・翻訳
・2006年1月 ウフィッツィ美術館とイルビゾンテ版画財団でリトグラフ石版石の調査
・2006年2月 ヴィチェンツァ・インテリア建築学院にて「彫刻素材の多様性について」講義
・2007年2月 沼津市にて静岡イースト21の会「イタリアにみる社会と芸術」講演
・2008年2月 ヴィチェンツァ・インテリア建築学院にて「日本建築の採光について」講義
・2009年7月伊豆の国市にて天野地区児童育成会「絵の世界の魅力」について講演
・2011年4月より2年間 沼津市都市計画審議委員委嘱
・2013年5月 狩野川雇用創造事業にてアート観光について講義
・2014年7月 『アートとしての仏像とイタリアの話』公開トーク 函南町立図書館
・2017年11月 御殿場西高等学校にてイタリア語講座

●展覧会
・1999年3月 KENJI WATANABE展 レストラン・カリオストロ ピサ市
・2004年6月 KENJI WATANABE展 カフェ・イタリアーノ フィレンツェ市
・2005年1月 渡辺憲二展2005 ギャラリー御殿場 御殿場市
・2006年6月 渡辺憲二展2006 ギャラリーほさか 沼津市
・2007年12月 美術ビエンナーレ「反射と対極」展(出品) フィレンツェ市
・2010年4月  渡辺憲二展2010 ギャラリープラザ 三島市

・2011年4月 祈りの造形 渡辺憲二展  ぬましんストリートギャラリー 沼津市
・2011年6月 『日本現代美術家展』プロデュース オルシーニ礼拝堂 ローマ市
・2011年7月 KENJI WATANABE展   イタリア・ラツィオ州ラブロ村
・2012年6月 渡辺憲二 彫刻展 -精神性と感性-  さんしんギャラリー善 三島市
・2013年4月 渡辺憲二彫刻展2013 静岡県立美術館 県民ギャラリー  静岡市
・2014年6月 渡辺憲二彫刻展 沼津市庄司美術館モンミュゼ沼津 沼津市
・2015年11月 『現在活躍する静岡の芸術家』出品 パサディナ美術館 三島市 
・2015年12月 『彫刻家の仕事展』出品 ノアギャラリー企画 静岡市


●作品のモデルたち

メールはこちら


●作業灯

今、また「截金(きりかね)」に興味があります。以前京都でこの技法を習得したのですが、現在製作している聖母の石像の表面に、金粉を蒔いた上に金泊の細い線をルネサンスデッサンの影のように、施せたらきっと美しいだろうと考えています。(2006/3/24)

石彫「白蜥蜴を抱くALICE」表面にフレスコ画用顔料で施した彩色が案外まとまったので安心しています。この石なら画材との相性がいいのかも。この新作を個展案内ハガキに使うことにしました。(2006/5/6)

ピエトラサンタの大理石工房の親方が9日他界したという新聞記事が届きました。76歳でした。気難しい職人でしたが僕を息子のように可愛がってくれた人でした。生前の恩に感謝してご冥福をお祈りします。( 2007/2/19)

大理石のエヴァの肖像を沼津中央高校へ納めました。卒業記念というテーマにふさわしく、「あなたが透き通る雲を想う」という銘板プレートを新たに付けました。(2007/2/22)

フィレンツェ美術ビエンナーレ「反射と対極展」に出品しました。サントスピリト地区にある17世紀の教会跡を会場に、クリスマスまで展示されました。(2007/12/24)

ヴィチェンツァ・インテリア建築学院では、パドヴァ出身の建築家ピエーロが教鞭をとっています。彼とはウィーン大学独語クラスで一緒に学んでいたときからの親友です。彼の招きで講義をした帰りに、パッラーディオの代表作ラ・ロトンダを見ました。多正面性の建築は東洋では法隆寺夢殿を思いださせます。 (2008/2/23)

かつてイタリアで自分の凡庸な彫刻に絶望し、言葉の分からないオーストリアのウィーンに引っ越したのは1998年のことです。彫刻道具を持たずに、憧れていたクリムトやシーレの作品から絵画表現を学び取ろうと決意していました。その街を今回訪れ、当時住んでいた界隈で古い友人と食事をしたり、当てもなく路面電車に乗り、懐かしいウィーン分離派建築を再び目の当たりにするのは心楽しく、感慨深いものがありました。(2008/2/29)

フィレンツェでは、毎週日曜ミサの朝、市の立つ聖霊広場でラ・ナッツィオーネ紙とクロワッサンを求め、午後はアトリエに通ってくるモデルたちを素描するのがお気に入りの日課です。
 新作の石彫制作もはかどり、久しぶりに再会した友人たちとも幸福な時間を過ごせました。特に昨年12月に出品した美術ビエンナーレ「反射と対極」展の会場では、12年前に制作したフランス人のモデルとも再会し、その際彼女から富士山のデッサンを依頼されました。それを親交のある作家アメリー・ノートン氏に贈る予定だそうです。(2008/3/18)

イタリアから届いた船荷を大井埠頭の東京税関まで受け取りに行ってきました。木箱の中にはイタリアで制作中の石像のほか大理石の原石、デッサンなどが含まれています。近年積み込む大理石の量が増え、それを軽トラに積んで高速を走るのは危なくなってきたので来年からは別の方法をとろうと思います(2008/4/9)

先月北陸を旅行したときに、小麦畑が黄金色に輝いている田園風景を見て感動しました。麦は自然や豊穣、収穫といったイメージがあり、ブロンズであの金色を表現できないか、彫像に象徴を加えるアイテムとして試せないかと考えています。(2008/6/11)

マルケ州の田舎町サッソフェラートで彫刻家ジュリアーノ・ヴァンジ氏と再会しました。雛形や下絵をいくつも重ねて一つの作品を生み出す真摯な姿勢は、表現を模索している自分にとってあらためて勉強になりました。後日、ピエトラサンタにある氏の新しいアトリエを、アシスタントのバルディーニ教授が親切に案内してくれました。(2009/7/18)

7月ラツィオ州リエティ市内で、フランスのサンピエーレ市市長と、その晩の公式晩餐会で同席になりました。そこで市長から僕の個展開催を誘われました。(2009/9/5)

カトリック信徒の方から祈る子供の手の彫刻を依頼されました。(2010/11/25)

被災地から預かってきた仏像の修復とクリーニング作業が終わりました。ブロンズを扱い慣れた僕にうってつけの作業でした。ボランティアの僕を信じて大切な信仰の拠りどころを託してくれた方のものです。昨日無事届いたとの喜びと御礼の連絡を受けました。(2011/5/21)

6月に主催した『ARMONIA・日本美術家ローマ展』に続き、7月にはローマ近郊にある中世の村ラブロでの個展を開催しました。日本から持ち込んだ木彫やブロンズレリーフの他、ローマ滞在中に描いたモデル達や風景のデッサンを加えて展示をしました。(2011/8/15)

新年の花火が飛び交う夜空を、ミラノの修道院 Oasi San Francesco の窓から眺めて迎えました。
元旦の朝、隣接する聖フランチェスコ教会のミサに参列しながら祭壇を眺めていたときに、新たな彫刻表現へとつながるような、大きなインスピレーションを受けました。それは、彫刻に光を当てると壁には天使の羽影が浮かびあがるというものです。日常性に宿る聖なる影を表わすために、彫刻そのものも良い物を作りつつ、その影をもよく彫刻するための研究を、これから進めるつもりです。(2012/1/7)

最近、市内在住のモザイク作家の杉山先生のもとでモザイク指導を受けさせてもらえることになりました。石像へのグラデーション彩色や、ブロンズレリーフとの組み合わせにモザイクの可能性を探っていきます。(2012/10/10)

願成就院にある仏像群が国宝になるというニュースを聞きました。特に運慶30代の作である毘沙門天像は鎧の下から張りのある力が漲って見えます。この伊豆地域にある芸術作品のなかでも最高のものだと思います 。
運慶の生きた12世紀、同時代の中世ヨーロッパではまだ写実性も立体性も乏しい浮き彫り彫刻が主流でした。それを調べているうちにふと天城神社の狛犬を思い出しました。あの素朴な表情もそう見れば西洋ロマネスク様式に見えなくもなく、なかなか味わい深いものがあります。(2013/3/2)

久しぶりにブールデルのアポロンの首を鑑賞しました。ブロンズの表面に金箔片を貼って拭き取るなど”汚し”仕上げが施されていたことに気がつきました。
(2013/4/28)

依頼を受けた日蓮像の研究のため身延町立図書館で図像を集め、法華経を護る七面山(海抜1982m)へ徒歩で参篭し、身延山では智寂坊に逗留し写経、久遠寺の朝勤では無事像立円成を祈祷しました。この参篭で得た写経や御札はやがて胎内銘札として使用します。(2013/5/25)

来日中のヴァンジ氏が長泉の美術館で講演するので会いに行きました。4年前にイタリアでお会いした時と変わらずエネルギッシュな制作姿勢に刺激を貰いました。同行されていたバルディーニ教授夫妻とも再会を喜び、ピエトラサンタ市長とも挨拶を交わしました。(2013/6/2)

半年前から取り組んでいたブロンズ作品『照姫椿』が完成しました。袋井市の静橋に設置されました。(2015/3/15)

工房の裏の井戸の周りに今年も蛍が飛び始めました。(2015/5/26)

近々重岡先生とリエティからミラノまで旅行する予定です。一緒に新たな風景デッサンが描けたら良いと思います。(2015/7/12)

昨夏から墓石デザインの依頼を受けています。施主の積み重ねた人生を表すために、全体を石で階段状にし、一段一段にそのときの選択の跡を残す白と黒の石を並べ、正面に施主直筆のブロンズ銘板を貼ります。(2015/9/30)

今年も1.3aの水田に植えた稲から10俵あまり(630kg)の玄米を収穫しました。大型機械を使った代掻き賃に3.6万、刈りいれ賃6.5万などを農協業者さんに支払いますので、種籾、肥料、袋代など経費2.2万を含めれば、精米10kgあたり約2000円の経費がかかります。(自身の人件費は含まず)
それでも緊急災害時にはスーパーで米が手に入るとは限りません。ソローの「森の生活」のように、井戸水、薪ストーブ、菜園など常に自然の四季に囲まれて思索に生きる環境があることに感謝です。(2015/11/6)

葉山にあるイエズス孝女会修道院(旧東伏見宮別邸)で、座禅会に参加しました。
この機会に関東大震災にも耐えた貴重な洋館建築内部も見学させてもらいました。現在幼稚園の建物がある玄関アプローチは、おそらく当時シスターたちの手によって美しく丹精された花々で飾られていた前庭だったと想像します。
すでに旧修道院となった館内に主な聖具は残っていませんでしたが、1mほどの彩色木造磔刑像が二階控え室にポツンと架けてありました。隣接する新礼拝堂にももう移設されなかったようです。
フィレンツェやローマの街中にも宗教機能を失った旧教会が残り、市の管理で展覧会場や貧民避難所として供用されています。(2015/11/22)

吾妻鏡に残る古奈温泉について調べました。(2016/2/28)

このサイトをご覧になった京都の僧侶の方から釈迦誕生仏のご注文を頂きました。その納品の折に京都高山寺、奈良法隆寺、伊勢の神宮を周りました。特に飛鳥時代の鼓を打つ天人像の素朴さに惹かれました。この印象が地蔵菩薩像の表情に活かされます(2017/6/1)

石像『あなたとともに』の肩に、聖母の象徴である『海の星』を新たに象嵌しました。金泥の上に金箔を埋め込んでいます。(2017/8/1)

雨天でも屋外で石彫作業ができるよう、一週間かけて工房の裏庭にセメント床と屋根がけを自作しました。(2018/1/24)

以前、如意輪観音像を納めたお寺から、新たに地蔵菩薩像のご依頼を受けて2年が経ちました。その石仏がようやく完成し、本日開眼供養が営まれました。(2018/4/8)

イタリアの大理石職人たちがかぶる新聞紙帽の作りかたをご紹介します。(2018/4/16)



トップへ戻る
カッラーラ大理石坑山にて
トスカーナ州カッラーラ大理石採掘場
新聞紙帽の折り方紹介
初個展オープニング動画(1999年)
フィレンツェのアトリエでデッサンをした様子です。
 フィレンツェ・ロマーナ通りのアトリエ
フィレンツェのアトリエ中庭でテラコッタを仕上げています
フィレンツェ・セッラーリ通りのアトリエ
ピエトラサンタの大理石工房で原型を計りながら彫っています
ピエトラサンタの大理石工房で星取り作業
フィレンツェ美術ビエンナーレ展(2007年)
建築学校での講義風景
ヴィチェンツァ建築学院での講義(2006年)
ウィーン滞在時よく散歩したドナウ川
1年間滞在したウィーン。ドナウ河岸(1998年)
マルケ州でヴァンジ氏と再会(2009年)
新工房完成 (2011/1/26)
ぬましんストリートギャラリー個展(2011年)
ラブロ・修道院跡個展(2011年)
ローマ近郊トラバーチン採石場で石調査(2011年)
Amatrice村の亡き友人Pietro Serafini(2011年)
静岡県民ギャラリーで個展(2013年)
アトリエも雪化粧 (冬)
アーティチョーク (春)
無農薬野菜と紫蘇ジュース(夏)
袋井市モニュメント「照姫椿」(2015年3月)
ビクトリーバー「バッカス像」(2016年12月)